<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

summary


静岡新茶、自転車の優待券、化粧品、ワイン、じゃがいも、牛肉、ジャム、クオカード、青森リンゴジュース。

 これ、何かというと今年1年間で家に送られてきた 株主優待品。

 暇なので、片手間の趣味のようなものだが、株式投資を少々やって 遊んでいる。

 売買の損得だけでは味気ないので、同居している家人と娘へのサービスも兼ねて

 株主優待をもらってみたのが、上の結果であります。

 株を広く個人に持って貰うのが株主優待の目的だけあって、品質のよいものが多いのだが、

 私個人としては 6月の新茶の季節に送ってきた静岡の新茶に最も満足。

 香りが抜群によくて 「清水港の名物はお茶の香りと男伊達♪♪」 と唸ってしまったほど。

 肝腎の株式運用の方は、買えば下がる、売れば騰がるも多々あって反省点が非常に多かったが、

 バタバタしながらも 年間で20%以上の利益が確保できた。(フー・・・)

 新年も、面白おかしく 楽しんで 、と思うのだが、

 さて、兎年はどのような風が吹きますことやら・・・楽しみではあります。(おしまい)

    
c0046131_22392145.jpg


     

 

 
[PR]
by anago.chiba | 2010-12-30 22:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)

summing up

鳩山前首相が役人を集めた 席上で
「歴史上、首相がバカだった国はかならず滅びている」と挨拶し、聴衆は思わず息を顰めたそうだ。
国内のマスコミは報道を自粛したが、外国のマスコミは「loopy(馬鹿げている)」と一蹴した。

 「野次の女王」と称される自民党の丸川珠代議員が、委員会で鳩山首相に「loopy!!」と野次を
飛ばしたのは おそらくこの件を受けたものだと思われる。

 国民にとっては、とんだブラックジョークだが、 いずれにしてもこの国の現状をあらわす
 逸話だと思う。

 同盟国のお国では、ウォーターゲート事件がニクソン大統領を辞任にまで追い詰めた。
 国政を預かる人間には一般人よりもさらに高度なモラルが必要だということだ。

 「恥を知る」ということのない政治家が厚顔で国政を論じているようなこの国では、
 首相や閣僚、政権党の幹事長など 責任ある国会議員には、一定の厳しい条件の
 下でもよいので 国民による 「リコール制度」をもうけたらどうだろうか。

 そうすれば、「やめるのやめた」や「一兵卒報道」など、国民にとって
 不愉快な 昨今のニュースに私たちが接することもなくなると思う。

 公的な債務が1000兆円を超えようとしているこの国では、国民は我が身を自分で
 守って生き抜いていくしかない。

 2010年も暮れようとしている。来るべき新年は、厳しい環境下でも美しい花を
 咲かせたいものだ。

 梅の花言葉は「高潔な美しさ」または「女性のけなげな忍耐」。  前首相に捧げたい。

      
c0046131_22371459.jpg


    

  
 
 
 
[PR]
by anago.chiba | 2010-12-28 22:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)