<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

さむらいのむすめ


 父は私を膝元にひきよせ、やさしく肩に手をかけながら申しました。
「武家の教育ということを忘れてはならないよ。獅子は幼いわが仔を千丈の谷に蹴落として獣王に
育て上げるというからね。それでこそ、生涯の大事をなしとげる力が養われるんじゃないか」

【武士の娘】は米国での出版、7カ国後に翻訳され本書も日本語訳。
教科書にも掲載されており、杉本鉞子はでは米国でもっとも有名な日本人。
 鉞(えつ)は まさかりの意。

 著者は長岡藩の家老の娘。明治に米国在住の日本人に嫁いで二人の娘をもうけたのち
家族で日本に帰国する船の中で、夫を盲腸炎で亡くした。
日本での生活の後、ふたりの娘と再び渡米して、文筆業で身を立てた。
私の世代が読むとなつかしい昔の日本がよみがえるが、現代の若い人は読んでどう
感じるだろうか。
江戸時代は単なる封建時代ではなく、後の100年の発展の基礎を築いた時代であった
と思う。
本書でなにより驚くのは 夫をなくして苦労が尽きなかったはずなのに、著者が
一切 泣き言を述べていないことだ。

電車の中で平気で化粧を始める 現代の若い娘をみるたびに
今後100年で もっとも大事なのは教育だ と思う。
教育を文部官僚などに任せておいてはいけない。

   
c0046131_983189.jpg
    
[PR]
by anago.chiba | 2010-01-13 09:09 | 日記 | Trackback | Comments(0)