<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

両国から月島へ

 
  3連休の中日、風は冷たいのだが 天気に恵まれたので 両国まででかけた。

 両国だけあって お相撲さんと 何度もすれ違いました。鬢油のにおいがいいですね。

 本日の昼は 両国3丁目の 蕎麦 玉屋。大正8年創業の老舗。

 
c0046131_18591761.jpg
 

 さすが 名店といわれているだけあって 喉越しがよい。麺つゆは やや薄めでした。

 右は 稲荷寿司ではなくて 稲荷蕎麦寿司、中には蕎麦と人参が入っています。

 もりが500円、稲荷が250円で 価格もリーズナブル。

 名店なのだが お高いところはなくて 下町らしい 庶民的な雰囲気の店で、

 お客も 引っ切り無しに入ってきます。 同行者は天丼を食していましたが、

 こちらも美味とのことでした。 貴重なお店ですね。

 この後 見たい絵があったので 江戸博物館に向かったのだが、団体が押し寄せて

 いて 満員のため 断念し、地下鉄大江戸線に乗って海の方向に向かった。

 (後で わかったのだが、この日は 国技館で福祉大相撲があったそうです。)

 
c0046131_19174098.jpg


                   写真は 月島の新潮橋より撮影。

 地下鉄大江戸線は 皇居を中心として 円を描いて走っているのだが、地下鉄に

 乗れば 都心部は 殆ど どこへでも いくことができるようになった。

 筆者が学生のころは 都電に乗ればどこへでも行けました。約半世紀かけて

 東京都は路面電車を地下鉄に置き換えてきたことになります。 もうあのなつかしい景色

 は写真でしか 見ることができません。



                                     Tvs Digital



 
 
[PR]
by anago.chiba | 2007-02-11 19:20 | Tvs-D | Trackback | Comments(0)

英国の誇り または 哺乳類のペン

 
c0046131_9253256.jpg


 コンウェイ・ステュワートのDuro Levenger Edition のカゼイン。350本限定生産された

 モデル。この色合いがどうしても欲しくて 少し(かなり?)無理して入手した。

 英国国旗ユニオンジャックの   の3色が使われている。

 カゼインは 原料がミルクで この軸は約2年の歳月をかけてつくられている。

 ホットミルク が冷めたときに 表面にできる 薄皮、あれが たぶん カゼインですね。

 セルロイドは 植物性の自然素材で 石油製品にはない肌触りがあるのだが、
 
 カゼインの方は 純動物性の素材だけに 独特の触感と暖かみがある。

 書き味は やわらかくなめらかで筆圧が要らない、 例えるなら【深窓の令嬢】。
[PR]
by anago.chiba | 2007-02-11 09:52 | 万年筆の話 | Trackback | Comments(2)

Live in Paris

Stan Getz Live in Paris を聴きながら 酒盃を傾ける ぜいたくなひととき。
 
c0046131_21193796.jpg

 写真は先日訪れた 冬枯れの上野恩賜公園(旧い言い方ですね)。
 しあわせそうな カップルが 画面に来るのを 待ってシャッターを切った。
 4月頃の桜の季節もいいのだか 冬枯れの季節も味わいがあっていい。

  私だけの しあわせを大事にしたいもんだね・・・・。
[PR]
by anago.chiba | 2007-02-07 21:23 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ガラテア

  コートが要らないような 暖かい土曜日。上野までオルセー美術館展を

 観に家を出た。通りの裏には 梅の花もちらほら見かけるようになった。

 梅の次は たしか 桃の花が開花するのでは なかったかな。

 公園口改札を出ると  陽気のせいか いつもより人が多いようです。

 東京都美術館の入口は 初詣のような 人の行列でした。

 やっと 入場したら 絵の前は人の頭ばかりで殆ど動きません。しかたがないので

 頭越しに観ながら どんどん 先へ進んだ。 いままで 画集でしか観たことのない

 モネの ルーアン大聖堂などを観ながら 奥へ奥へと 進む。 ぽっかり人溜りの

 途切れた処に モローの【ガラテア】があり、 独りゆっくり観ることだできた。

 名画を前にして 言葉もないが この作品を 観ただけで 来た甲斐があったというものだ。

 他では ラコンプの 【ベッドを取り囲む4枚のパネル】が 強く訴える作品で

 一見の価値ありと思う。
[PR]
by anago.chiba | 2007-02-04 05:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)

イパネマの娘

  
c0046131_7272123.jpg


 久しぶりにくつろいだ 週末。 コーヒーを飲みながら、Getz/Gilbertoを聴いている。

 イパネマの娘を聴くと  よくわかるが スタン・ゲッツのTサックスの表現力は

 凄いの一語。 ジョアン・ジルベルトとアストラッド・ジルベルトのヴォーカルが

 霞んでしまうほどですね。

 写真は 毎朝仕事の前に立ち寄る DコーヒーのT駅北店。テーブルが15席くらいの

 飾り気のないこじんまりした店なのだが、いつも花がそっと活けてある。

 接客の人の教育もよくて、 「・・・・・になります。」などの

 いわゆる コンビニ語を使わないのも気持ちいいです。

 
 
[PR]
by anago.chiba | 2007-02-03 07:42 | 日記 | Trackback | Comments(4)