<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

デザインもそうなんですが・・・


 
c0046131_192972.jpg


 デザインが秀逸なのだが、色も大変いいですね。

 日本製では これにデザインが似た クラシカルなデザインではダイハツのミラジーノ

 という車がある(同じ 会社のコッパもデザインはなかなかいいのだが・・)。

 しかし、日本の設計者には 色のセンスや デザインに対する自信が欠落しているように

 思えてなりません。

 伝統を大事にして 受け継いでいる欧州と違って、 敗戦で政治体制ばかりではなく、

 過去の文化まで 否定してしまった 我が国の 弱点のように思えてならない。
[PR]
by anago.chiba | 2006-10-22 19:13 | KONICA C35EF | Trackback | Comments(4)

木更津駅前

 
c0046131_2212314.jpg


 駅前で 偶然出遭った R子さんの娘さん。この頃はたしか 専門学校に通っていた
 と思いますが、 今は きっと 立派なご婦人になっていると思う。
 
 それにしても 曇りのない 表情だなぁ。。。
[PR]
by anago.chiba | 2006-10-12 22:16 | M.Planar 60F2.8C | Trackback | Comments(0)

中古万年筆ウィルス パーカー75の巻

 中古カメラウィルスというのはよく知られており、【ライカウィルス】などというのは
 特に有名で ひとたび感染すると、財布のお札に羽根が生えて飛んでいくそうです。

 【中古万年筆ウィルス】というのは、もっとマイナーなウィルスですが、
 かなり 強力なやつです。

 
c0046131_18144250.jpg


 昨日、映画を観に行った 帰りに 千葉市富士見の 質流れ品の店でショウウィンドウに
 あった パーカー75 スターリングシルバー。
 持っていた ボトルインクにつけて 試し書きをしてみると なかなか これがいい。
 とうとう 連れて帰ることになってしまった。

 ペン軸はぬるま湯につけておいて よごれを落とし、かなり黒ずんでいたキャップと
 胴軸はホワイトガソリンをしみこませた綿布で磨いた。
 
 新品のコンバーターをつけて ペリカン社のロイヤルブルーのインクを詰める。

 インクフローは問題がなく 書け味はなかなかだ。

 右側は、セルロイドの神様といわれる カトウセイサクショの加藤氏の手作りの
 吸入式の万年筆。 美しい万年筆で インクフローもよく 愛用している一品。

 ただし 書け味は パーカー75の方が上のような気がする。(感覚の問題なのだが・・)

 ペン先の裏の 刻印は 63となっている。キャップのトップがフラットなので最初期のもの。

 40年以上も経って この書け味というのは 余程のものだ。

 クラフトマンシップが息づく 究極の一品のひとつ、 と言うしかあるまい。

(以下追加) インクフローははるかに 加藤さんの方がよく、いわゆる ぬらぬらとインク

      が出てくる感触が味わえる、 名品です。

      パーカー75の方は ペン先の弾力が書き手の指先の力を受け止めてくれ、
    
      コシコシ書いているという昔の万年筆の味がある名品。

     加藤さんの方は 腕で 書く万年筆。

     パーカーは 指先で書く万年筆、とも言えるだろう。 

    

      

      
 

 
[PR]
by anago.chiba | 2006-10-01 18:45 | 万年筆の話 | Trackback | Comments(2)