<   2006年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

トラのふるさとを訪ねるanagoの巻(最終回)

 
 
c0046131_2235751.jpg


 
c0046131_22363189.jpg


 それぞれの 彫刻の前に 作者の名前が ありますが それから推定すると

 明治期以降の ものと思われる。 いやぁ 並の彫工ではこんなものを彫ること

 はできない、名人がしかも命を削るように彫ったとしか思えない、 程の作品。

 これは 必見のものです。

 本堂の裏手方向に「寅さん記念館」があるのですが、 この彫刻の満足感が
 
 大きいので、また次回の訪問に廻すことに・・・ 寅さん、ごめん。

 因みに 同行者によれば この彫刻は撮影禁止であったそうです。

 早く 教えて 欲しかった(苦笑)。

 しじみの佃煮を買い求めて、もちろん 団子を食べて

 帰路につきました。(コニカ35EFの方はリバーサルフィルムを詰めていたのでいずれ)

     (おしまい)          エレクトロ35 FUJI SUPERIA100
 
[PR]
by anago.chiba | 2006-05-28 22:50 | ELECTRO35GSN | Trackback | Comments(4)

トラのふるさとを訪ねるanagoの巻(3)

 帝釈天が見えてきました。

 
c0046131_2156911.jpg


 本堂には 靴を脱いで 上がることが できます。 本堂の 仏像や 天井の仏画は
 それは 立派なものでした。

 廊下を右に廻って 本堂の裏側に廻ると受付があって 拝観料400円也で
 仏教彫刻を拝観することができます。

 
c0046131_222846.jpg


      眼を見張る光景が拡がっていました。

    以下 次号         エレクトロ35 FUJI SUPERIA100 
[PR]
by anago.chiba | 2006-05-28 22:03 | ELECTRO35GSN | Trackback | Comments(0)

トラのふるさとを訪ねるanagoの巻(2)

 乗車して5分で 降り立った 柴又駅頭には 寅さんのブロンズ像が建っていて
 そこには 懐かしい 下町の世界が・・・

 帝釈天参道の入り口には 昔のおもちゃや駄菓子のお店が。

 
c0046131_2141326.jpg


 中には マルベル堂のプロマイド(本当はブロマイドなのかな)やおもちゃがたくさん
 あって見るだけで楽しい。 30年前の即席印度カレーなんてのも置いてあったけど
 買った人は 食べちゃっても大丈夫なんでしょうかね??

 
c0046131_21472320.jpg
 

 参道沿いは うなぎを食べさせる 川魚料理のお店が多い。それとやはり映画で
 有名な団子やせんべいのお店に 佃煮屋に 漬物のお店。

    以下次号            すべてエレクトロ35 FUJI SUPERIA100  
[PR]
by anago.chiba | 2006-05-28 21:50 | ELECTRO35GSN | Trackback | Comments(2)

トラのふるさとを訪ねるanagoの巻(1)

 各駅停車の列車に乗って 行くミニ旅行が好きです。 いずれ リタイアして 趣味だけ
 の生活になったら 北海道から鹿児島まで 各駅停車の旅をする(愛用のカメラを首に
 下げて)のが 夢。

 さて 今回は エレクトロ35がメイン、サブはコニカ35EFで
 寅さんの故郷 葛飾柴又へ・・・

 
c0046131_21224062.jpg

 
 JR幕張本郷駅で 京成本線上野行きに乗り換えて 高砂駅まで行く。
 下町を走る電車だけあって 車内の人の表情にもゆったりしたゆとりがあり
 だんだん レトロな世界に・・・

 
c0046131_21282916.jpg


 高砂駅から 支線の金町駅行きに乗り換え

            以下次号    すべてエレクトロ35、FUJI SUPERIA100        
[PR]
by anago.chiba | 2006-05-28 21:32 | ELECTRO35GSN | Trackback | Comments(0)

駅前にて

 
c0046131_9161362.jpg


 ろうそくの光でも写ります のエレクトロの45ミリ F1.7の大口径レンズは
 開放付近に味があるようです。

  
[PR]
by anago.chiba | 2006-05-28 09:19 | ELECTRO35GSN | Trackback | Comments(8)

春霞 館山湾

 
c0046131_712110.jpg


 
c0046131_725147.jpg


 大房岬1周の帰りに望んだ館山の海。

  なぜか 気になる 建物です。
[PR]
by anago.chiba | 2006-05-28 07:05 | Planar135F2AEWG | Trackback | Comments(0)

よい週末を

大変 忙しかった一週間がやっと終わってほっとしています。

 
c0046131_20563152.jpg


                                         Mさんの肖像。

週末は雨だそうですが、日曜は日本ダービーです。頭文字がMのつく人気が無い方の馬に
期待したい。 明日はエレクトロとともに雨で化粧した街にでかけます。
       みなさまも よい 週末を・・・・
[PR]
by anago.chiba | 2006-05-26 21:09 | M.Planar 60F2.8C | Trackback | Comments(4)

summing up

むかし 読んだ サマセット・モームのエッセイに
summing up(=要約すると)というのがありましたが、 
あのショック(京セラのコンタックス・カメラからの撤退)から1年が経過したことだし
そろそろ 要約して おかなければ ならない。

 
c0046131_22362110.jpg

                                RX with M・Planar60F2.8C  


 【1】 デジタル1眼やRFデジタルカメラで 銀塩カメラのための クラシックレンズを使用
     するのは レンズおよびレンズの設計者にたいする冒涜である。(かもしれない)

      EOS-5DにZEISSレンズや RD-1にライカレンズを装着して撮った写真の
      サイトを丹念の拝見してきたが、残念ながら 色に不快な濁りがあり、平面的
      で べたっとした写真になり 感性を刺激するような 画像にはならないこと
      が わかった。
 【2】 デジタルカメラでやたらに撮ることは 感性を磨耗させる。(かもしれない)

    フィルム代がかからず 自由に撮影でき いつでも 消去できる 写真を撮って
    いると 感動の一瞬を写し撮る感性が確実に磨耗する。
    
 【3】 銀塩用の1眼レフカメラの強みは マクロと望遠撮影だけであり 広角レンズでの
    スナップ撮影は断然レンジファインダーカメラである。(かもしれない)

   大きくて重いい眼レフカメラはおよそ スナップ撮影に向いているとは思えないし
   高価で重い広角用のレンズはコストパフォーマンスがよくない。むしろ、RF用のクラシック
   なレンズに優秀なものが多い。
 
 【4】 およそ 写真で お金を出して感動を買うことはできない。(かもしれない)

   1000円から高くても15000円位でもとめることができる クラシックなレンズシャッター
   カメラのレンズに大変優秀なものが装着されていることがわかった。
   
          以上  anagoの summing up      
[PR]
by anago.chiba | 2006-05-19 23:24 | M.Planar 60F2.8C | Trackback | Comments(7)

最後の一コマの奇跡

エレクトロのシャッターはフィルムを巻き上げないと 下りないはずなのに。。。
ん?・・・ 何かの間違いで、現像したら こんなのが!?・・

  
c0046131_21252181.jpg


 2重露光になってしまった。ケーキに見入っている若い女性に、弁当を覗き込む中年女性

 自販機で食券を買う オジサンまで写りこんでしまった。 奥には本屋。

 扱いやすいカメラは他に いくらもあるけど このエレクトロは 期待以上のものが写る

 ような ドキドキ感をいつも もたせてくれるカメラです。 シャッターを押し下げるときの

 恍惚と不安・・・・                         JR千葉駅
[PR]
by anago.chiba | 2006-05-18 21:37 | ELECTRO35GSN | Trackback | Comments(3)

5月の上野恩賜公園

  
c0046131_2282544.jpg


  
c0046131_2210876.jpg


 5月の光は 夏ほど 強すぎず 冬ほど儚げでもなく 気持ちがいいですネ。 
[PR]
by anago.chiba | 2006-05-15 22:17 | Planar135F2AEWG | Trackback | Comments(4)