中古万年筆ウィルス パーカー75の巻

 中古カメラウィルスというのはよく知られており、【ライカウィルス】などというのは
 特に有名で ひとたび感染すると、財布のお札に羽根が生えて飛んでいくそうです。

 【中古万年筆ウィルス】というのは、もっとマイナーなウィルスですが、
 かなり 強力なやつです。

 
c0046131_18144250.jpg


 昨日、映画を観に行った 帰りに 千葉市富士見の 質流れ品の店でショウウィンドウに
 あった パーカー75 スターリングシルバー。
 持っていた ボトルインクにつけて 試し書きをしてみると なかなか これがいい。
 とうとう 連れて帰ることになってしまった。

 ペン軸はぬるま湯につけておいて よごれを落とし、かなり黒ずんでいたキャップと
 胴軸はホワイトガソリンをしみこませた綿布で磨いた。
 
 新品のコンバーターをつけて ペリカン社のロイヤルブルーのインクを詰める。

 インクフローは問題がなく 書け味はなかなかだ。

 右側は、セルロイドの神様といわれる カトウセイサクショの加藤氏の手作りの
 吸入式の万年筆。 美しい万年筆で インクフローもよく 愛用している一品。

 ただし 書け味は パーカー75の方が上のような気がする。(感覚の問題なのだが・・)

 ペン先の裏の 刻印は 63となっている。キャップのトップがフラットなので最初期のもの。

 40年以上も経って この書け味というのは 余程のものだ。

 クラフトマンシップが息づく 究極の一品のひとつ、 と言うしかあるまい。

(以下追加) インクフローははるかに 加藤さんの方がよく、いわゆる ぬらぬらとインク

      が出てくる感触が味わえる、 名品です。

      パーカー75の方は ペン先の弾力が書き手の指先の力を受け止めてくれ、
    
      コシコシ書いているという昔の万年筆の味がある名品。

     加藤さんの方は 腕で 書く万年筆。

     パーカーは 指先で書く万年筆、とも言えるだろう。 

    

      

      
 

 
[PR]
by anago.chiba | 2006-10-01 18:45 | 万年筆の話 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://anagochiba.exblog.jp/tb/4655618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by indy136 at 2006-10-11 11:29
anagoさん、こんにちは。
僕は、字がとても汚いのでパソコンにとても感謝をしていまが(^^;この万年筆のお話、ちょっと共感しています。
僕は、古いものが大好きですがこのクラフトマンシップが息づくものっていいですよね(^^)

字が汚いですが、手紙や絵葉書が大好きです。
Commented by anago.chiba at 2006-10-11 21:43
indyさん、こんばんは。 ご無沙汰です。やっと帰宅して 風呂上りに
日本酒に牡蠣フライで一杯です。最近カメラの方はスランプ状態です。
万年筆は軸や装飾の美しいものもたくさんありますが、 そちらの方は
大変お金がかかります。 私は書き味にこだわりたいと思っています。
パーカー75は発売された種類が大変に多く 熱心なコレクターがいる
ようですよ。
<< 木更津駅前 やっと 週末 >>