とうとう ニコンも

昨夜 帰宅したら ニコンがフィルムカメラから事実上の撤退というニュース。
何でも 2000~2005でフィルムカメラの売り上げが5分の1になったらしい。
anagoはニコンがメインではないが 世の中には【ニコン党】といわれる人々がたくさん
いらっしゃるときいています。さぞかし ショックだろうとおもわれる。規模を縮小して細々と
でも 続けることはできないのでしょうか?不滅のニコンマウントといわれていたのに・・・
京セラの撤退のときのショックを思い出します。
下は所有する 唯一の ニコン製品 35Ti。 AFで撮るよりは 一眼レフの全面マットスクリーンでの合焦を見て撮影する方が好きなので 最近あまり出番はないが 思い出のカメラ。
カタログに掲載されていた 人物のレンブラントライトの写真に感動して 発売後 すぐに購入。
数年後 量販店の店頭に偶然 限定発売の皮ケースを見かけたので これもすぐに購入
した。チタン外装のいわゆる 高級コンパクトというタイプ。
ニコンがコンタックスのT2に対抗して発売したものらしい。
当初よく撮影したのだが、この後 ヤシコンの方へ行ってしまった。
オートストロボのON・OFFのボタン操作がやりにくいという欠点があり、以前はニコンで28Tiのタイプに改造してくれるサービスがあったのだが、つぃついそのままになっている。
まだ受付してくれるのかなぁ・・・・・
それにしても 歴史のある ニコンのフィルムカメラが・・・さびしいですね。
c0046131_648840.jpg

[PR]
by anago.chiba | 2006-01-14 06:48 | 日記
<< 雪・袖ヶ浦公園 街まで(2) >>